本文へ移動

社会人入学

しい人生は、いつでもスタートできます。
社会人になってからでも―。
社会人入試とは、すでに実社会で活躍されている方や、大学での教育を受けることを強く希望している方が利用できる入試制度の一つです。
その特徴は、受験科目が小論文と面接で、学科試験が免除されるところにあります。入学時には入学金が10万円免除されるなど、一般入試にはないメリットもあります。
今回は大学に在学している社会人入学の学生にインタビューをしました。
受験を検討している社会人のみなさんが探している答えがきっとここで見つかるでしょう。
 

MESSAGE

幼児教育学科 津末麻里亜さん
夢に向かって
 結婚、出産を経て、子育てする中で、子どもが持つ発想力や想像力に魅了され、保育の仕事がしたいと思うようになりました。前職に戻るか悩みましたが、保育士や幼稚園教諭は、女性が子育ての経験を生かし、年齢を積み重ねても働くことができる仕事だと思い、入学を決めました。
 最初は、学業と育児の両立ができるのか、やはり不安でした。しかし授業の中から、自分の育児に生かせることも増え、子どもとのコミュニケーションがより深く図れるようになったと感じています。
 私自身、子育てに悩むことも多かったのですが、保育士の先生がかけてくださった「お母さん、大丈夫よ」の一言と、包み込むような笑顔に何度も助けていただきました。私も少しでも子育ての支えになれるような保育者を目指して、頑張りたいと思います。
学校法人扇城学園
東九州短期大学

〒871-0014
大分県中津市一ツ松211番地
TEL.0979-22-2425
FAX.0979-25-3935
TOPへ戻る