学校案内

 

学長ごあいさつ

学長ごあいさつ
 
 
本学は、学園創立以来110年にわたり、単なる知識教育にとどまることなく、大乗 仏教、特に親鸞聖人の教えに基づき、「人間教育」・「心の教育」を実践してまいりました。少人数制の利点を最大限に生かした「きめの細かい指導」のもと、 個々の学生の個性を最大限に伸ばし、社会に貢献できる豊かな人間性をもった人材の育成を目指しています。
ややもすると「物質中心」となり、「心」の大切さ を忘れて、自己中心的な欲望の満足に陥りがちな人間にとって、何が大切で、何が真実かを、グローバルな視点に立って考え学び、「共に生かされている」とい う自覚と喜びのもと、有意義な学生生活を送っていただきたいと念願しております。
 
学長 梅高 賢正
 

建学の精神

建学の精神
 
本学の建学の精神は、大乗仏教の精神、特に親鸞聖人が顕かにされた「浄土真宗の精神」を基本としています。
これは、単に知識教育にとどまることなく、宗教的情操教育に根ざした豊かな人格形成に主眼を置くものです。
生命の尊さを深く理解し、「一人ひとりを大切にする」という慈しみの精神を根幹に、常に我が身を省みる内省の心をもち、生かされて生きる喜び(感謝の心)に目覚める豊かな人間を育みます。
 
 

沿革

沿革
  1899年 「仏教特に浄土真宗の教義に基づく宗教教育を施し、貞淑なる女子を育成する」という教育目的をもって、故梅高秀山先生が中心となり、扇城女学校を創立。(旧中津城三ノ丁)
  1922年 現在の東九州龍谷高等学校地に移転。(中津市中殿527)
  1923年 扇城高等女学校認可。(~1948)
  1931年 高等家政女学校設置。(~1948)
  1948年 大分県知事より扇城高等学校設置認可。(家政科、普通科)
  1951年 大分県知事より学校法人扇城学園に組織変更。
  1965年 地域社会の強い要望により短期大学設立準備に着手。
  1967年 中津女子短期大学(家政科)設立。
  1968年 中津女子短期大学に幼児教育科増設。
  1969年 中津女子短期大学、家政科を家政専攻と食物栄養専攻に分離。扇城高等学校に食物科増設。
(調理師育成施設の指定を受ける)
  1978年 扇城高等学校に衛生看護科増設。(準看護学校の指定を受ける)
  1979年 中津女子短期大学、家政科と幼児教育科を、家政学科・幼児教育学科と改名。
  1980年 中津女子短期大学附属幼稚園設置。
  1987年 扇城高等学校バレーボール部三冠達成。(選抜・高校総体・国体)
  1991年 中津女子短期大学を東九州女子短期大学と名称変更。
  1997年 扇城高等学校を東九州龍谷高等学校と名称変更。
  1999年 扇城学園創立100周年。中津市少子化対策事業(研究指定校)委託を受ける。(幼児教育学科)
  2000年 東九州女子短期大学、男女共学。
  2002年 東九州短期大学に名称変更。
  2005年 東九州短期大学、家政学科を食物栄養学科と名称変更。
  2006年 東九州短期大学、幼児教育学科棟竣工。
  2008年 東九州短期大学、(財)短期大学基準協会による第三者評価に於て適格認定。
  2009年 扇城学園創立110周年。
 

学校概要

学校概要
  ■法人名 学校法人扇城学園 東九州短期大学
  ■所在地 〒871-0014
大分県中津市一ツ松211番地
  ■電話番号 0979-22-2425
  ■FAX番号 0979-25-3935
  ■代表者 学長 梅高 賢正
  ■設立年月日 1967年4月1日
  ■従業員数
  ■業務内容
<<学校法人扇城学園 東九州短期大学>> 〒871-0014 大分県中津市一ツ松211番地 TEL:0979-22-2425 FAX:0979-25-3935