本文へ移動

ブログ

活動の様子

お箸教室(年長組)

2020-12-21
12月16日(水)、
本園のホールにて
NPO法人「中津まちづくり協議会」が主催する
お箸教室が行われました。
 
先生は、お箸のご指導だけでなく、
座禅や合気道のご指導もされている笹良照二先生。
 
笹良先生には毎年来ていただき、
就学を控えている年長さんを対象に
ご丁寧なご指導をしていただいています。
 
さぁ、今年の年長さんはどうだったでしょうか・・・
 
 
 
自分の名前が入ったお箸が配られ・・・
袋を開け、シールをはがして使える状態にするところからスタートです。
自分の名前が入ったお箸、嬉しそうです♡
ささら先生(右)やなかつまちづくり協議会の松下さん(左)が教えて下さいました。
グー、チョキ、パーの動きができないと、お箸を持つのは難しいそうです。じゃんけんなら得意な子どもたち!
では、いよいよお箸を使って持ち方の練習です☆
お箸の持ち方は、まずはお箸一本から始めます上を指す人差し指(手のひらが手前)
 
教えていただいた手順を
写真とともに掲載しますので、
ご家庭でも練習してみて下さいねリンゴ
 
 
基本はチョキの形です!
まずは一本のお箸のみ、親指を上向きにして押さえるだけです。
次は、親指と人差し指の頭で持ち、中指で下を押さえます。(鉛筆の持ち方です)
二本目のお箸を、親指の付け根の方から入れ、中指の下になるように持ちます。
持ち方は以上で完了ですいいね(手のひらが手前)
 
次に動かし方ですが、
動かすのは上のお箸のみ!
これが子どもたちには難しかったようです汗
親指でしっかり押さえていますね☆
いつも使っているお箸ですが、手順に沿って持つとなると「あれれ?」となってしまうお友だちもいました(^^ゞ
「こう?」「あれ?こうじゃない?」とお友だちと確認し合う姿も。
先生とお箸の動かし方は、とても綺麗でした☆
お次は実践です!!白紙の片面にある小豆をお箸でつまみ、もう片面まで移します。
小豆が逃げます・・・がんばれ!!
全集中です!!
難しくて、思わず左手が出てしまいます(笑)
「簡単だよ!」と余裕です♬
上手につまんでいますね☆
最後は、
みんなで記念写真☆
お箸教室の後、
給食でもお箸の持ち方を復習しながら食べる姿が
見られていた年長さんですきらきら
 
是非、ご家庭でも
お子様と一緒に
お箸の持ち方を見直されてみてはいかがでしょうか?
 
ご指導下さったささら先生、
また中津まちづくり協議会の皆様、
どうもありがとうございました!!
0
6
6
6
9
0
学校法人扇城学園
認定こども園
東九州短期大学附属幼稚園
〒871-0014
大分県中津市一ツ松211番地
TEL.0979-25-0803
FAX.0979-25-0820
TOPへ戻る